日本で最も有名なスイス発の高級時計ブランド

パテックフィリップの由来

1839年に2人のポーランド人が、スイスに高級腕時計ブランドとして創業したことが始まりです。最初のポーランド人共同経営者の一人と、後から入社したフランス人経営者の苗字を取ったものがブランド名となりました。現在では世界三大高級腕時計ブランドを形成しています。

パテックフィリップの特徴

世界一高価な腕時計を、駆動装置から自社で一貫製造、販売するマニュファクチュールと呼ばれるメーカーで有名となっています。古い自社の時計をオークションにより高値で買い戻すビジネス戦略を得意とし、保証期間の2年が経過した後も有償修理が可能な「永久修理」に対応しているのが特徴です。このため、中古市場による価値を維持する「一生ものの時計」としての、ブランドイメージを定着させています。

主な購入者層と記念品としてのパテックフィリップ

4つの百合の花を組み合わせた十字に代表される、高貴なデザインをブランドシンボルとするスイスの高級腕時計は、多くの宝石店や時計専門店で幅広く販売されています。購入者は製作記念台帳に全て掲載され、イギリスの王族や作曲家、実業家といった世界的な著名人の名前が並んでいるのが特徴です。高級腕時計を購入することは一種のステータスともなりますが、中古であっても数百万円の値段となるため、手が届きにくいものとなります。記念品として送る場合、多くの種類があるため、外見や使い勝手以外に機能性などから選ぶ必要があります。受け取る人物の趣味嗜好にあった記念品は、相手に好印象を与え、末永く愛用してもらえるものとなり得ます。

パテックフィリップは1839年創業のスイスの高級時計メーカーです。完璧と評される優れた機能性とデザイン性の高さを併せ持ち、数ある高級時計メーカーの中でも群を抜いたステータス性で知られています。

100円ショップの時計を買っても大丈夫?

アナログもデジタルもあってタイプも豊富

時計に対して求めるのは、時間がわかるかどうかだけという人は珍しくありません。そういった人は大抵、時計にお金をかけたくないと考えているものですが、では、100円ショップの時計はどうでしょうか。

まず、100円ショップに時計が売られているのかという点ですが、どの100円ショップにも置いてあります。腕時計、置き時計、壁掛け時計など種類も豊富ですが、特徴として挙げられるのはプラスティックが多く使われているという点です。そのため、質感という点では数万円する時計とは比べものになりません。

表示板はデジタルになっていることが多く、針で時刻を示すタイプのアナログ時計は少ないです。

耐久性は低いものの十分実用になる

実用になる得るかどうかということですが、普通の環境で使うのであれば十分に使えます。機械式時計を除き、時計は安いものでも高いものでもクォーツを使って時間を計っているので、100円ショップで売られている時計だからといって、一日に何十分も進んだり遅れたりしてしまうことはないからです。

問題となるのは耐久性です。まず、防水性はほとんどないと考えていいでしょう。雨に少し濡れた程度であれば大丈夫かもしれませんが、深い水たまりに落としてしまったりすると、水が入って駄目になってしまう可能性が高いです。また、アナログの置き時計や壁掛け時計の場合、電池はあるのに針が動かなくなってしまうということが起こりえます。これは、針を動かすパーツの精密度が低いためです。

しかし、時計を忘れてしまったので、一日だけなんとかしたい、あるいは数ヶ月に一回しか時計を使わないというのであれば、十分お買い得です。

ひとつ持ったら一生物です。海、山、街で活躍するだけでなく、自分らしさをアピールできるタグ・ホイヤーは流行にも左右ずに、どんなファッションにもフィットします。