意外と知らない!!機械式時計のメリット・デメリット

機械式時計のメリット

時計にはクオーツ式時計と機械式時計があることはご存知であると思います。今回は機械式時計にスポットを当てていきたいと思います。

機械式時計というと高いというイメージが思い浮かびますが、実際には数万円から数百万以上と幅広く存在しています。

そんな中で高額な機械式時計を買う目的はなに?と問われると「お金のかかる趣味」「男のロマン」とこれにつきるのではないかと思います。

今となっては、機械式時計は大人の男性が所有できる最高のおもちゃであり、ファッション性も高く、機械式のムーブメントを見ていても飽きませんし、歴史と愛着が湧いてきます。

また、これが「男のコレクション欲」を満たす事も出来ます。

機械式時計のデメリット

機械式時計のデメリットも紹介したいと思います。

機械式時計はクオーツ式時計とは違いメンテナンスが必要になります。メンテナンス費用も数万円と少し高めです。

また、些細な衝撃にも弱くちょっとしたことで動かなくなって修理に出すということもあります。

もう一つは持続時間。ゼンマイの持続時間はだいたい2日持たないくらいなので、数日置いておいたら止まっているなんてことも・・・。

手巻きでゼンマイを巻きあげるか、その都度時間を合わせることになり面倒です。

スマートフォンで時間が確認できる現代ですが、機械式時計はオシャレであり持っていることで自分自身のステータスになります。

確かにメンテナンスなどデメリットも多くありますが、それも我が子を育てると同じで愛着も出てきます。

一生使うことができるものなので是非自分に合ったものを購入してほしいと思います。

ウブロとはスイスの時計メーカーです。舷窓が会社の名前の由来です。ビスで留めたベゼルを特徴としています。