猫を飼い始めるときに気をつけたい3つのポイント

猫に部屋の中を荒らされることを覚悟しましょう。

気まぐれな猫は、どれだけしつけようとしても、犬のように言うことを聞いてくれません。トイレの場所は覚えてくれますが、それ以上の「これをしては駄目」ということには、なかなか従ってくないのです。しかも猫はいたずらが大好きなので、部屋の壁や柱に傷をつけることが日常茶飯事です。傷防止のシートなどをあらかじめ張っておくなどの防護策はありますが、それでもある程度、部屋の中は傷だらけになることを覚悟しなければなりません。

猫が食べることができない食品を調べておきましょう。

猫は好奇心が強いので、飼い主が何かをたべていると、臭いを嗅ぎに近づいてきたりします。そのまま勢いで食べているものをかじろうとしたりすることもありますが、食品によっては、猫の毒になることもあります。たとえばイカやタマネギ、チョコレートなどは決して猫に与えてはいけない食品の一例です。意外な食品が猫にとってはタブーだったりするので、猫を飼うのであれば事前にくわしく調べておく必要があります。

できるだけ外に出さないように気をつけましょう。

猫と言えば、家を出たり入ったりしながら自由に飼育されているイメージがありますが、長く一緒に暮らしたいのであれば、できるだけ家の中だけで飼うようにしましょう。家の外は、猫にとってたくさんの危険がひそんでいます。猫同士のケンカで怪我をして、それが悪化してしまうこともありますし、道端に落ちているお菓子などを食べてお腹を壊していまうこともあります。そして、何よりも怖いのが交通事故です。大切な飼い猫を不慮の事故から守るためには家から出さないことが一番です。

日本の首都であり、人口が国内で最多の東京で子犬の販売をすれば、多くの人の目に触れるので買い手が見つかる可能性がより高くなります。そのため、子犬販売なら東京都がよいといえるでしょう。