機械式時計には愛着が必要!?お手入れ次第で長持ち

日頃のお手入れは使うこと

機械式時計は、ゼンマイが解ける力を動力として動くので、手動巻きならば毎日一定回数だけ竜頭を巻く必要があります。自動巻きについては、毎日身に着けて日常生活で腕振りを行なうことが大切です。何気ない動作により、内部の振り子が振動して自動巻きの役目を果たすわけですから、大切にしまっておくだけではかえって寿命を縮めてしまいかねません。機械式時計は、毎日動かし続けることが重要です。

オーバーホールは定期的に行なう

クオーツ時計とは異なり、ゼンマイによる振り子振動が内部では繰り返されているので、潤滑油の劣化と動くことによる摩耗片が内部で溜まります。オーバーホールが必要となることは、少しずつ進む摩耗による金属片が潤滑油に混ざることで摩擦抵抗を増して、時計の進み方が遅れる傾向からも明らかです。オイルが劣化するまでの期間は、3年~4年程度と言われているので、結果的にオーバーホールサイクルとして3年程度が推奨されています。

高級機械式時計には腕利き時計職人が必要になる

機械式時計は、電池を使わずに様々な機能を持たせており、高級機械式時計ほど内部の精密部品点数が増えて内部構造も複雑になります。一般的な機械式時計よりも遥かに高度な技術で設計されている高級機械式時計のオーバーホールや修理を行なうためには、腕利き時計職人を確保しておかなければなりません。時計職人は、経験と腕に差が出やすい職種ですから、最高級品の機械式時計ともなると一握りの時計職人のみが扱えるほど精密かつ複雑に作られているわけです。

グランドセイコーは、日本の時計メーカーのセイコーが持つ上級ブランドを指します。シンプルなデザインが特徴です。